Loading

キャスト・スタッフ

  • チョン・ドヨン
    私は…家に帰りたいんです マルティニーク刑務所に収監された主婦 ジョンヨン

    愛する夫と娘がこの世のすべての平凡な主婦。生活費を稼ぐために南米ガイアナからフランスまで原石を運ぶ途中、麻薬密輸容疑で逮捕され、言葉一つ通じない地球の裏側のカリブ海に浮かぶ島、マルティニークに収監される。

    世界が認めた演技派女優 チョン・ドヨン

    1973年2月11日生まれ。1990年に芸能界入り。1997年に『接続 ザ・コンタクト』で映画デビューを果たす。その後、『ユア・マイ・サンシャイン』『ハウスメイド』『スキャンダル』など、幅広い役柄を演じ韓国最高の演技派女優と評されるチョン・ドヨン。『シークレット・サンシャイン』ではカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得し、世界的に認められる。2年ぶりのスクリーン復帰となる本作では、平凡な生活から一瞬にして悪夢のような環境に陥る実在する女性を演じ、韓国内外からも更なる注目をあびている。

    Filmography
  • コ・ス
    どうか… 妻を返してください 妻を救うため、世の中に強く訴える夫 ジョンベ

    誠実さ一つで妻とともに小さな自動車修理工場を営んでいたジョンベ。借金の保証人になりすべてのものを失う。自分のせいで妻がはるか遠い国で困境に立たされると、人生のすべてである家族、愛する妻を取り戻すため死にもの狂いで奮闘する。

    観客の心をつかむ切ない演技 コ・ス

    1978年10月4日生まれ。1998年に芸能界入りし「ジャンプ」(99)でドラマデビューを果たす。その後、正統派のイメージが強かったが『サム~SOME~』でイメージを一新し大鐘賞映画祭新人男優賞を受賞。俳優としての評価を高めた。『ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士』や『高地戦』、ドラマ「黄金の帝国」まで、スクリーンとテレビを越えてカリスマ性のある演技を見せるコ・ス。今回は初めて平凡な小市民を演じ、これまでに見せたことのない演技を披露している。

    Filmography
  • カン・ジウ
    ママ、あと何回寝たら戻って来るの?ママの顔忘れちゃいそうだよ… 人生で最も大切な時に母親を失う娘 へリン

    ジョンヨンの愛する一人娘へリン。“お金をいっぱい稼いで人形を買ってあげる”と最後に一言残し、離れ離れになってしまう。4歳から6歳の2年間も母親に会うことができずだんだんと、顔さえ忘れてしまう。

    新世代の子役スター カン・ジウ

    2008年5月生まれ。ドラマ「追跡者(チェイサー)」でデビューし、「メイクイーン」でその可愛らしさが注目される。最近ではドラマ「怪しい家政婦」で好奇心旺盛な末っ子を演じ、チェ・ジウとも共演した。本作ではチョン・ドヨン演じるジョンヨンの一人娘へリンを演じ、シリアスな演技を披露している。また、チャン・ドンゴン主演の大作『泣く男(原題)』にも出演し、最も注目される子役である。

    Filmography
  • ペ・ソンウ
    公務員に雑用をさせる気か? 上司の顔色ばかり見ている駐仏大使館 チョ課長

    ジョンべの度重なる電話にうんざりして、まともに取り合わず、裁判のための大切な書類さえ紛失してしまう。

    ドラマ、映画に欠かせない存在 ペ・ソンウ

    1972年生まれ。ミュージカル「魔女狩り」で1999年に役者デビューを果たす。 舞台中心に活動後、ドラマ「漢城別曲」(07)「大王正世」(08)「トンイ」(10)などに出演し注目を集める。同時期に映画でも活躍し、いまや韓国映画界になくてはならない存在になっている。

    Filmography
  • コリンヌ・マシエロ
    あんたに楽しませてもらうよ 囚人たちを人間扱いしない主任刑務官 ヘルボイ

    マルティニーク刑務所を権力と暴力で支配し、囚人たちに恐れられている女刑務官。ジョンヨンに目をつけ執拗な嫌がらせをする。

    世界的に活躍する女優 コリンヌ・マシエロ

    1965年生まれのフランス人。エリック・ゾンカ監督の『天使が見た夢』(98)で映画デビューしたのち、TVドラマを中心に活躍。マリオン・コティヤール主演の『君と歩く世界』(12)ではアナ役で出演している。

    Filmography
  • 監督 パン・ウンジン
    刑務所に投獄された事実ではなく、会いたい家族に会えず、
                家に帰ることができないことが監獄なのです
    監督 パン・ウンジン

    1965年8月生まれ。女優出身の女性監督。デビュー作『オーロラ姫』を通してその年の韓国映画評論家協会賞など新人監督賞を受賞し、演出力を認められたパン・ウンジン監督。以降、『容疑者X 天才数学者のアリバイ』での纎細な演出力でも高い評価を得た。本作『マルティニークからの祈り』では、切ない事件に巻き込まれた平凡な主婦の胸を締め付けられるような日々を、密度濃く描き出した。

    Filmography
  • 撮影 イ・モゲ

    『グッド・バット・ウィアード』(08)で青龍映画賞撮影賞/大韓民国大賞撮影賞、『悪魔を見た』(10)で青龍映画賞撮影賞を授賞するなど、数々の映画賞に輝く韓国を代表する撮影監督。 その他に『オアシス』(02)、『箪笥〈たんす〉』(03)、『四月の雪』(05)、『マイウェイ 12,000キロの真実』(11)など。

    衣装 チェ・ギョンファ

    『サニー 永遠の仲間たち』(11)、『怪しい彼女』(14)、など個性あるキャラクターの衣装から、『チェイサー』(08)、『哀しき獣』(10)など幅の広い作品を担当している。その他に『殺人の告白』(12)、『モンタージュ』(13)など。

    音楽 キム・ジュンソン

    『マラソン』(05)、『キッチン~人のレシピ~』(09)、『ミッドナイトFM』(10)などジャンルを問わない多種多様な作品の音楽を担当している。その他に『セブンディズ』(07)、『ベストセラー』(10)、『王になった男』(12)など。

    編集 キム・ソンミン

    『殺人の追憶』(04)、『南極日誌』(05)など硬派な映画だけでなく『誰にでも秘密がある』(04)『フェニックス 約束の歌』(13)などエンタテインメント作品も担当。『地下鉄(メトロ)に乗って』(06)では邦画作品にも参加した。その他に『絶対の愛』(07)、『チェイサー』(09)、『哀しき獣』(12)など。